┃憎まれ愚痴入口木村書店┃  木村愛二の生活と意見項目別案内

随時追加「編集長日記風」
木村愛二の生活と意見 
2003年2月分

2003年2月15日(土)
「嫌われ」「立ち枯れ」日本共産党の古手党員の醜状には「呆れ果て」、911事件関係で今後は質疑含め3時間半以下の講演は引き受けぬ「変人」宣言

2003年2月15日(土曜日)

「嫌われ」「立ち枯れ」日本共産党の古手党員の醜状には「呆れ果て」、
911事件関係で今後は質疑含め3時間半以下の講演は引き受けぬ「変人」宣言

 時期的には偶然ながら、以下の「日記風」の文章の発表は、世界中の「イラク攻撃反対」統一行動日、2.15.の作業となった。これは歴史の必然の中の偶然である。

 2003.02.18.鶴ヶ島市民連絡会2.2.集会総括の討議資料として木村愛二が作成

 昨年の2002年12月13日からの約束に基づき、「911事件とイラク攻撃」の要約の主旨の講演をするために、2003年2月2日、鶴ヶ島市に赴いた。ところが、とうてい容認し難く、看過すれば巨悪を増長させる結果となる事態が発生したので、この文書を同集会の実行委員会と関係組織に送り付けると同時に、広く電網空間にも発表することに決した。

 主催団体の「有事法制に反対する鶴ヶ島市民連絡会」は、事務局長の説明によると、20団体ほどの連名による「有事法制反対」の署名運動に発するもので、結構、幅広い野党勢力を結集しており、日本共産党の市議会議員も実行委員に加わっている。

 会の代表は、旧知の著名な古手の日本共産党員、引間博愛である。

 私を講師に招くことは、昨年の12月16日に決定していた。代表の引間博愛も、実行委員の一人の日本共産党の市議も、一緒に参加した場での決定だった。

 ところが、これが、途中からの日本共産党の態度激変で、大変な騒動になった。

 事情を最も簡単に要約すると、鶴ヶ島市の日本共産党組織および個々の古手党員たちは、「平和講演」の開催準備の途中から突如、何処が発火点かは未だに定かではないものの、私を「反党分子」として取り扱い始めたのである。

 彼らは、正面からは攻撃して来ずに、陰で講演の内容に威圧を加え、薄汚い小細工を弄し、結果として、私の講演の時間を、実質30分そこそこに切り詰めたのである。

 彼らが私を「反党分子」と規定する根拠は、どうやら、わが電網宝庫の日本共産党に関する記事にあるらしいのだが、私は、当然、電網宝庫を一般公開しているし、日本共産党批判を隠しているどころか、この講演の依頼を受けるきっかけの新編著、『9・11事件の真相と背景』(副題:「テロ」か? 自作自演の戦争挑発謀略か?アメリカ=イスラエル=世界支配構想の核心を突く)にも、日本共産党批判を記しているのである。

 しかも、日本共産党関係者は、その薄汚い小細工の策謀に私自身が気付いて、事後に暴き、抗議し、事実経過の調査と謝罪を要求すると、下手な嘘に継ぐ嘘、居直り、さらには玉突きの間抜けで、弱々しく、醜い恫喝の連続と相成ったのであった。

 これが、30年と少しの期間、私自身が加盟し、いわば半生を入れ上げた「革命党」の断末魔の醜態かと思えば、惨めで、実に情けない。

 彼らが実に「惨め」な状態に陥っていることは、私が「策略を弄したな」という主旨で問い詰めているのに、逃げ惑い、言を左右にするのみで、「失礼な!」と怒ることが、まったくできない有様にも、如実に表れている。要するに、往生際が悪いのである。優柔不断と言うよりは、卑怯未練、はっきりした細部の自白にまでは至っていないのだが、実行委員の多数も日本共産党への疑いを濃くしており、心証は完全に「黒」である。

 これを「刑事事件」として見ると、決定的な問題は、何時、誰が、または日本共産党の「どの機関」が、私を「反党分子」として告発し始めたのか、なのである。問題の核心は、「犯行」の開始の時期と、最初の「犯人」であるが、これはまだ明確にはなっていない。しかし、日本共産党の現地の「指導機関」、埼玉西部地区委員会の副委員長は、私の抗議に対して、きちんと名前を名乗り、「講演を依頼しながら意見が違うからと言って、プログラムを変更し、講演時間を短くするなどと言うことは、常識的にも失礼なことで、民主主義以前の問題」と認め、調査を約束した。その件のその後の経過は後述する。

 上記の「日本共産党の古手党員」として特に氏名を公表する3人は、すべて、現在は「除籍」の元・日本共産党員、66歳の私よりも、年長である。

 現在は83歳になっていて最年長の古手党員は、労働組合関係者には広く知られている経歴の元・運輸一般労組委員長である。次の本は、今も販売中のようである。

http://www.jbook.co.jp/product.asp?PRODUCT=897792
『組合役員・活動家』 実践労働組合講座5(引間博愛他 、学習の友社、 1976/10)

 次は、現在、73歳の元・日本共産党の中央委員、和田正名である。わが電網宝庫に情報が入っているので、そのURLと題名を記し、人物紹介部分のみを抜粋紹介する。

http://www.jca.apc.org/~altmedka/pro-9.html
元日本共産党『二重秘密党員』の遺言
(その9)続:もしやの意見書:ルーマニア問題で代々木出頭指示

 私は、日本共産党の党員の籍があった当時、日本共産党の独裁者ミヤケンとルーマニアの独裁者チャウシェスクとの世間周知の醜聞的な関係に関して、日本共産党の党規約に基づき、ミヤケンの辞任を求めるなど何度も意見書を提出し、日本共産党の中央委員会に2度呼び出されたことがある。この呼び出しは一般に、「査問」と呼ばれる制度である。

 その最初の時に出てきて、(私が)「お分りでない」(党中央には)「誤りはない」「勉強して下さい」「(権利ばかり主張せずに)党員の義務を果して下さい」などと言って、私を睨め付け、威嚇したのが、以下の「和田正名(わだ まさな)」なのであった。

 和田正名(わだ まさな)1929年東京都生れ
1955年から82年まで赤旗編集局。整理部長、外信部長、編集局次長などを歴任
1968年「赤旗」特派員として北ベトナム、カンボジア取材
1982年から90年まで日本共産党国際部。同副部長など
現日本共産党中央委員会顧問(1999年2月現在)
 以上の経歴から判断して、問題のルーマニアと日本共産党の蜜月時代には、宮本顕治の腰巾着を勤め上げたことが明らかである。[後略]

 この「和田正名(わだ まさな)」が、今回の講演の実現前に、私を「反党分子」として告発する「10頁の報告書を提出した」と言うのが、引間博愛の発言なのである。

 引間博愛は、私に対しても直接、「和田さんは君を査問したことがあると言っている」と語った。「査問」は、「問い質す」という意味だとされているが、これが濫用され、除名につながり、『査問』と題する本も出ている。この件には今、深入りしない。

 日本共産党に関しては、すでに、わが電網宝庫に、以下が入っている。

http://www.jca.apc.org/~altmedka/pro-series.html
元共産党「二重秘密党員」の遺言 または 日本共産党犯罪記録

 本日、2003年2月15日までのヒット数は、5,059で、5,000の大台を突破した。

 久々に点検した2003.2.2.以後の最初の記録は、2,7.の4,909である。この数字は1999.1.1.からだから、2.7.までの積算、1,488日で割ると、1日に3から4の数字でしかない。ところが、鶴ヶ島市での「反党分子」として取り扱い事件後、急速にヒット数が延びた勘定になる。

 特に、2.7.から2.10.までの3日間に、何と、73、一桁跳ね上がって、1日平均で、24以上と相成ったのである。2.7.から本日、15日までの9日間の延びは150だから、8で割ると、少し落ちたが、毎日、20に近い勘定となる。特に情報の追加、更新はしていないから、日本共産党関係者が急に注目し始めたとしか解釈できない。

 上記の連載記事の中では、かなりの量を占める「日本共産党の独裁者(だった)ミヤケンとルーマニアでリンチ処刑された(当時の)独裁者チャウシェスク」の問題が、何と、鶴ヶ島市でのわが講演に直接影響したのは確かなのであるから、「世間は狭い」。

 以下は、講師依頼の打診から始まる現地の事務局からの電子手紙の内容の時系列の要約である。醜態を曝した古手日本共産党員以外の人名は、特に必要でもないので、伏せる。区切りはすべて[後略]とする。

宛先 : 木村愛二 <altmedka@jca.apc.org>
送信日時 : 2002年 12月 13日 金曜日 0:56 PM
 木村愛二 さんへ 
 [前略]この前、神田の飲み屋でお渡ししたビラにある「有事法制に反対する鶴ヶ島市民連絡会」(ああ長たらしい)略称有鶴連(小生事務局長)が2月2日(日)に集会を設定していたのですが、講師が決まらず苦慮。会長の引間氏に相談したら「木村さんはどうだろう。例の本を読んでいる。話を聞いてみたい。名前は知られていないけど面白いのでは」との仰せ。そこで小生「では木村さんに当たってみましょう」となって今書いている次第。如何でしょう。
 ただ、埼玉の片田舎の住民が聴衆なので分かりやすい話をお願いします。[後略]

 私は、即座に、「了解」と返信した。その後、電話も掛かってきたので、引間博愛との2度の短い出会い(別途、詳述の予定)のことも話した。そして3日後、

宛先 : 木村愛二 <altmedka@jca.apc.org>
送信日時 : 2002年 12月 16日 月曜日 10:56 PM
 先ほど「有鶴連」事務局会議にて2.2集会講師に木村さんの招聘が決まりました。引間さんは木村911本がことのほかお気に召した様子。『湾岸報道に偽あり』もご所望。木村さんのことは覚えていないが、会えば分かるとのこと。懇親会が楽しみですね。
 事務局員に「911」を2冊売りつけてきました。
 講演料ですが、僕はタダでも来るような人だというと皆さん喜んでいました。し
かしそれも何だから2万円で如何でしょうか。[後略](謝礼の車代は事後に返送した)

 つまり、以上のように、大略、昨年、2002年の12月13日に打診があった講演が、12月16日には、現地の実行委員会で正式決定となっていたのである。別途、電話で、午後1時半ごろからの予定と言ってきた。

 私は、上記の拙著、『湾岸報道に偽あり』を事務局長に託して「謹呈」した。

 上記の「引間さんがことのほかお気に召した様子」という情報に関しては、別途、事務局長から掛かってきた電話のやりとりもあった。私は、前述のように、「木村911本」こと、わが新編著、『9・11事件の真相と背景』(副題:「テロ」か? 自作自演の戦争挑発謀略か?アメリカ=イスラエル=世界支配構想の核心を突く)には、以下の部分もあることに関して、念を押した。

 ・・・一応の影響力を持つ組織や個人が間違えると、その影響は、坂道を転げ落ちる勢いで増幅されるから、実に危険なのである。

 いわゆる「反体制派」の中でも「老舗」の位置にある日本共産党は、ソ連崩壊後に何度も露呈した長年の習慣通り、何も調べもせずに、「テロリスト糾弾」に走った。同党は、湾岸戦争では「独裁者サダム・フセイン」、カンプチアPKOでは「ポル・ポト派」、ユーゴ戦争では「独裁者ミロソヴィッチ」に対する「糾弾」に余念がなかった。いずれの場合も、本音は明らかだった。ソ連が崩壊に向かい、ついには完全に崩壊した状況下の退勢をくい止めるために、右顧左眄し、目先の票確保のために「良い子」ぶったのである。今回も「全党を挙げて」「テロ糾弾」の先頭を切り、思い切りの暴走をしてしまった。

 9・11事件直後から、同党は、NHKの命名による「同時多発テロ」を、超々大見出しで使用し続けた。しかも、そればかりか、事件の犯人として「ビンラディン」の容疑が濃いとまで主張し続けたのである。[後略]・・・

 事務局長は「実行委員会に出ている日本共産党の市議は本を読まないから、引間博愛代表が推薦すれば大丈夫」と返事してきた。それから翌年の本番、2003年2月2日までは、手帳を繰って正確に勘定すると、6週間と4日、46日である。約1ヶ月半である。

 私は、911事件関連で昨年、2002年に3回の講演をした。地元の「徹底研究実践会」は6回開き、すべて私が講師を務めた。すべて午後の時間を一杯使って、それでも時間が足りなかった。私が2時間しゃべって、質疑応答と討論に1時間半、合計で3時間半はないと、この問題は複雑極まるので不燃焼になる。

 講演を依頼してきた「略称有鶴連(小生事務局長)」は、以上の内の3回の私の講演を聴きにきた。終了後の懇親会にも、毎度、出席している。難しい問題であることも、十分承知しているのである。12月13日の通信に「この前、神田の飲み屋」とあるのは、私が11月9日に講演をした「現代史研究会」の次回、12月7日の例会後の懇親会のことである。事務局長は、この2度の例会に参加し、その双方の懇親会にも加わっていた。 

 その事務局長が、日曜日の午後に集会を設定したのだから、当然、それぐらいの講演時間を予定していると思うのは当然である。私は、その積もりで概略を組み立て、気前よく無料配布する予定の資料を準備し始めた。

 年が明けて、松の内の最終日の1月10日に、以下の通信が届いた。

Date: Fri, 10 Jan 2003 10:26:21 +0900
To: 木村愛二 <altmedka@jca.apc.org>
2.2集まる人数ですが、まあ100人くらいでしょうか?
夕鶴連結成(’02.6)には66名集まった。これは共産党全力動員の感じ。
これに非共産党がくっついて「共同アピール」ができ、これには400名が署名。
木村さんの知名度から考えて・・・しかし、市議選を控えて、支持者集めの一環としてこの集会が利用されることにより、ひょっとしたら200人くらい集まるかも!?
 ま、そこまでは行かないと思いますが。14日の実行委員会の雰囲気でもう少し予測ができるとは思います。

 以上の交渉経過を見直せば、間違いなしに順調に準備が進んでいたはずなのである。

 ところが、その4日後、本番の半月前の上記「14日の実行委員会」で、以下のように「急遽プログラムが変更」となったのである。

宛先 : 木村愛二 <altmedka@jca.apc.org>
送信日時 : 2003年 1月 14日 火曜日 11:24 PM
今日、「たかはしべん」という有名シンガーが集会の趣旨に賛同し、歌ってよいということになり、急遽プログラムが変更。
 木村講演とたかはしコンサートということになりました。
 木村講演は1時間程度。まあ、1時間+アルファ。その後、質疑応答と会場からのトークで20分くらい。いろんな人がいまの平和の危機について、気持ちを語るようにしたいと思っています。というわけで、質疑応答は、余り難しいことにならないようにほどほどにお願いします。
 一息入れて、たかはしコンサートで何となく愉快な気分で散会。その後懇親会。という段取りです。[後略]

 上記と一緒に添付文書で、入りのポスターの版下が届いた。概略は以下の順序であった。この添付文書は保存してある。

イラク攻撃? 有事法制許していいの? 鶴ヶ島市民平和講演とコンサートの集い
2月2日(日)13:30~ 富士見公民館集会室 参加費500円
■コンサート:「平和を歌う」たかはしべん(フォークシンガー)
■講演:「9.11事件の真相とイラク攻撃」 木村愛二(ジャーナリスト)
■写真展:「イラクの子供たちはいま」ジャミーラ・高橋(アラブ文化協会代表)
(省略:総天然色写真:ロンドンの反戦デモ 写真:ジャミーラ・高橋の提供)
主催:有事法制に反対する鶴ヶ島市民連絡会 
問い合わせ:引間(他の連絡先は省略)[後略]

 つまり、私の講演の「前座」に歌が入るのだから、私は、その雰囲気を受けて、いわば野暮な話をすることになる。そこで、「たかはしべん」が、どんな歌を歌うのかと思い、一応、上記の「有名シンガー」こと「たかはしべん」を電網検索してみると、元NTT社員で、子供向きの歌が専門、「赤旗祭り」の「親子広場」などへの出演記録があり、どう見ても、「日本共産党の文化工作隊」風なのである。どうにも解せない。

 ともかく、日曜日の午後の時間帯で講演を依頼されれば、当然、上記のごとく、2時間ぐらいはしゃべって、質疑応答と討論に1時間半、合計で3時間半と考える。上記のポスターのごとく、開始時間は13:30~とありながら、終了時間は記されていない。

 ただし、「木村講演は1時間程度。まあ、1時間+アルファ」とはあるが、公民館などの午後の時間帯の終了時の常識の5時までなら、1時半から勘定しても全部で3時間半、歌が1時間も続くとは思えないから、まだ時間の余裕はありそうに思えた。

 それにしても、講演を依頼しておきながら、その1ヶ月後、しかも本番の半月前に、何の事前の相談もなしに、いきなり、名前を聞いたこともない歌手との抱き合わせでの「急遽プログラムが変更」である。

 常識的に考えれば、実におかしな話である「平和を歌う」とだけあっても、その歌が、有事法制や911事件やイラク攻撃と、いかなる関係があるものなのか、曲目の説明もなく、講演時間は普通の半分以下となり、こちらが後を受けてしゃべることになる。しかも、「余り難しいことにならないようにほどほどに」せよとは何事か。

 実に失礼な話だが、「事務局長」は、いわゆる無党派の高校教師である。組織運動は未経験らしい。日本共産党をも加えた地元の「統一戦線」が、可能なものと夢見ているようなので、地元の事情もあろうかと思い、私は当時、武蔵野市に関する新著の追い込みで超多忙でもあったから、この案を黙って受け取ったまま、事態を見守ることにした。

 しかし、この「夢想家」の事務局長は、この「急遽プログラムが変更」以後、少し間を置いて、突然、何の脈絡もなく、現地の波瀾万丈の有様を、断片的かつ無責任な情報として、伝え始めたのである。以下も、前と同じ方法による時系列の要約である。

 どうやら、以下の「動揺」や「懸念」が、「急遽プログラムが変更」の底流に潜んでいるらしいと思えた。

宛先 : キムラアイジ <altmedka@jca.apc.org>
送信日時 : 2003年 1月 25日 土曜日 4:12 AM
 集会100人程度かと予想しています。公民館を使って、しかも共産党も入った政治的集会をやることに対して、公明党あたりの妨害工作が展開中。一般市民層のサークルの動揺も懸念される雲行き。2.2以後の共闘組織の行方は波乱含みの情勢です。
 かといって、反戦気分も急速に盛り上がって来そう。うまくいくと150.そんな感じです。会場は200人。[後略]

 何か、おかしいが、ともかく、本番まで残すところ、1週間しかない。目検討で、100人分の配付資料を複写して先方に郵送した。ところが、さらに、事態は混迷を深めてきた。上記の底流が、ついに濁流の表面に浮上してきたのである。

宛先 : 木村愛二 <altmedka@jca.apc.org>
送信日時 : 2003年 1月 28日 火曜日 4:13 PM
 超多忙のところ恐縮。昨夜、2.2の準備会ありました。いろいろ、波瀾万丈。構成メンバーの共産党市議が悶着。話せば長くなり、ややこしくなり、いやになってしまいますが、2.2のチラシにその共産党市議の名前が入っているかどうかで、2種類のチラシが出回ったりで、公民館も絡んで狂騒。それに、2.2講師の人物評価についても今頃、気づいて悔し。八つ当たり。などなど。
 まあ、木村さんは素知らぬ顔で「911・有事法制・イラク攻撃」をビデオを交えて楽しくーーというと変ですがーーやって下さい。[中略]2.2講師の人物評価についても今頃、気づいて悔し。八つ当たり。の件。さっき、引間さんから聞いたけど、日本共産党のもと国際部副部長の和田という人が鶴ヶ島に住んでいて、木村愛二という名前に気づきインターネットで検索。やっぱり!あの「半島分子」め!というわけで「なんで木村を呼んだのだ」と引間さんに党から詰問の電話。彼は911本を読んで面白かったからと正直に返事。
 そこで、たとえ考え・立場の異なるものとでも共通の敵と戦うという「統一戦線」の理論に基づきこの件は処理することで党-引間電話会談は、「正しい結論」に到着。・・・党として集会への参加を勧める訳にもいかず、かといって妨害に走る訳にもいかず、苦渋の体。・・だそうです。
 哀れむべきか、くだんの市議。おそらく、夕鶴連事務局会議に毎回参加していながら講師選定等でなんのチェックもしていない怠慢を厳しく糾弾されたに違いない。いま半狂乱状態。日本共産党埼玉の一角で自己崩壊の兆し。いやはや。911の波及効果か。[後略]

宛先 : 木村愛二 <altmedka@jca.apc.org>
送信日時 : 2003年 1月 28日 火曜日 9:42 PM
 講演内容についてのお願いいくつか。
1.共産党はかなり困っています。それ故、周辺の団体、新婦人とか民商の去就は大変微妙。共産党としては木村は半島分子だから話を無視すべきと言いたいでしょう。しかし、周辺の人々はそんな思惑などありません。木村さんはアメリカ帝国主義と闘う立派な文化人と思っているでしょうから、素直に聞いてくれると思います。そして、共産党のもっかの主敵・小泉や、×柴などをこてんぱんに打ちのめしておけば、ますます民主勢力の心強い味方と思うでしょう。そういった雰囲気の中で党中央の、なんというか保守第5党といったイデオロギーの場当たり的ひきまわし姿勢をチクレバ皆さん納得してくれると思います。そのあとで、あいつはこういう半島分子だと言われても、へー半島分子てなんのこと?となり一体「党」てなんのためにあるの?というようなことになることを期待しております。
 まあこの辺は木村さんお得意の分野だと勝手に想像しています。[後略]

これに対して、私は、以下のように短く注釈して置いた。

送信日時 : 2003年 1月 28日 火曜日 5:50 PM
 急ぎ返信。ご苦労様。
「日本共産党のもと国際部副部長の和田」は、私が党籍のある時期、チャウシェスク問題で意見書を出し、党本部に呼ばれた時の最初の相手でした。まだ生きておるのか、ミヤケン胡麻擂りで出世した図々しい奴の一人です。呵々大笑。[後略] 

 ところが、ところが、またもや、唖然!
 今度は、何の説明もない本文に、いきなり、添付文書のみにて、以下のように、プログラムの順序の変更などの連絡が届いたのである。歌と講演の順序が入れ替わっている。

宛先 : 木村愛二 <altmedka@jca.apc.org>
送信日時 : 2003年 1月 30日 木曜日 5:29 AM
(本文なし)
「有事法制に反対する鶴ヶ島市民連絡会」主催
鶴ヶ島市民平和講演とコンサートの集い―プログラムー
司 会 
◆ 開会のあいさつ  主催者代表 引間博愛(13:30~13:40)
【第一部】講 演 木村愛二氏 「9.11事件の真相とイラク攻撃」(13:40~14:40)
 質 疑・トーク (14:40~15:00)・・・・・・・ 休 け い ・・・・・・・
【第二部】コンサート・・・たかはしべん"平和を歌う"  (15:10~16:00)
◆ 閉会のあいさつ  事務局長(16:00)

 続いて翌日、

宛先 : 木村愛二 <altmedka@jca.apc.org>
送信日時 : 2003年 1月 31日 金曜日 7:33 AM
 波風を立てずに無事2月2日を終わらせたいと思っています。こちらの事情もお察しの上、講演に際しましては宜しくご配慮のほどお願いいたします。[中略]
 木村講演ははじまるまえから、地域活性化に異常に貢献されております。[中略]「公民館有料化」が結果的に促進されてしまうのではないかという危惧が大きいと推測。鶴ヶ島市は現品川市政が一応安泰。県の役人出身。バランス感覚。公民館行政はいわゆる民主勢力。でも公明党らの保守・反共グループの攻撃に戦々恐々。今回も、あわや、有料でとなりかけた寸前、H13年の公民館使用に関する判例を見つけて、無料許可が下りた。しかし今後も波乱含み。
 それに共産党内部事情。例の半島分子。くだんの市議の半狂乱状態が公民館や図書館など公的な場に露呈。ますます地域活性化、というか騒乱。
 あとは現地でのお楽しみといたしましょう。[後略]

 何とも気楽な「事務局長」なのだが、届いた「プログラム」なるものの概略は、上記のごとく、16時に閉会の挨拶であり、講演時間は実に短くなっている。

 以下は、同日、「>」と省略した部分の私の通信に対する返信である。

宛先 : 木村愛二 <altmedka@jca.apc.org>
送信日時 : 2003年 1月 31日 金曜日 6:13 PM
 > チクリ屋の和田さんは来るのでしょうかね。
おそらく。
 > 時間が短いので、ヴィデオは使わず、
 ええっつ!近くの中学校から借りたビデオプロジェクター。これからセッチングの練習をしようとしているところなのですよ。[後略]

 ということで、会場に着いてみれば、特大の白い幕を垂らして、大袈裟に、ビデオプロジェクターの練習をしている。これでは、使わないわけにはいかないから、一応は用意して行った数本のヴィデオの場面を、約10分間、即席の説明を加えながら使った。「代表挨拶」と司会の講師紹介が、だらだらと続いたこともあり、結局のところ、私がしゃべる時間は30分そこそこになってしまった。作って送って置いた資料の説明すらできず、早口での問題点の指摘しかできなかった。そして、休憩後、

【第二部】コンサート・・・たかはしべん"平和を歌う"  (15:10~16:00)の間、手持ち無沙汰の状態の私は、仕方なしに客席に座って、黙って歌を聴いた。

 間違いなしに、完全に「子供向け」の歌ばかりで、主題の「有事法制反対」とか「911事件の真相」とか、「イラク攻撃」とは、遙かに、遙かに遠いものばかりだった。「たかはしべん」自身が、つなぎに、しきりと私の講演の断片を引いては、歌の導入の語りを入れるのだが、ちぐはぐで、「場違い」で、気の毒になるぐらいだった。

 終了後には、引間博愛が、まさに熟練の早業で、私に「車代」の白封筒を手渡し、「懇親会で」と呟いたが、それから1時間半も空いて、することなしにロビーで暇つぶし、まさに間が抜けてしまった。

 懇親会にきた日本共産党員は、市議と新婦人とかが顔を出しただけで即座に退席、代表の引間だけが適当に付き合って、早々に、そそくさと消えた。

 それらの日本共産党員がいなくなってから、いささか裏話が聞けた。深夜まで話が弾んだので、事情の一端が明らかになった。しかしまだ、全容は明らかにならない。

 事務局長が、その翌日は休日だから、自分の車で近所を案内したいと言うので、駅前の「ビジネスホテル」に自費で泊まった。その翌日、私は、すでに、むくむく脳裏に広がっていた黒雲を整理し、口裏を合わせる前に直撃すべきであると判断し、電網検索で、以下を即座に発見した。

 たかはしべん音楽事務所 〒350-0041 埼玉県川越市六軒町1-3-5  
TEL 0492-25-7100  FAX 0492-25-4125

 電話をすると、「たかはしべん」がいたので、直接、事情を聞いた。私は、「集会の趣旨に賛同し、歌ってよいということになり」、という実行委員会の方の話をして、「そちらが集会を知って自分で申し出たのか」、と聞くと、おどおどした口調ながらも、「麻生さんから電話で頼まれた」と、はっきり認めた。

 返す刀で、名刺を貰っていた麻生に電話して聞くと、「実行委員会から頼まれた」と言う。何時か、誰か、と聞くと、もごもご逃げる。さらに追い込むと、「コンサートという話は前からあった」と言う。私は、「そちらの共産党関係者が私を反党分子とか」云々、それ以後の「私のしゃべる時間を減らすための画策ではないか」と、切り込むと、言を左右にするばかりで、まったく怒らない。まるで言い返すことができない。

 冒頭に記したように、心証は完全に「黒」である。引間も同様だった。

 和田は、電話番号を調べて掛けると、最初は、「日本共産党の専従は引退している。そんなことをする権限はない。10頁の報告書など作っていない」と、いささか憤然の口調で明言した。私は、「引間さんに電話して確かめよ」と言って、電話を切った。 

 その後、鶴ヶ島市の市議会のホームページに載っていたので、実行委員の一人だったと聞く日本共産党の市議会議員、松村和子の自宅に電話した。すると、連れ合いの男性が出て、「和田さんがプリントアウトした貴方のホームページの記事を持っている」と言うので、もう一度、和田に電話した。ところが、今度は和田は、「君がホームページで宣伝しているのをコピーして渡したのだから、どこが悪いか、感謝しろ」と、居直ったのである。その間の電話で引間と口裏を合わせたのであろう。呆れた悪(わる)である。

 それでも、腐っても鯛とか。前述のごとく、日本共産党の現地の「指導機関」、埼玉西部地区委員会の副委員長は、私に対して、きちんと名前を名乗り、「講演を依頼しながら意見が違うからと言って失礼なことで、民主主義以前の問題」と認め、調査を約束した。

 その副委員長は、2月13日の午前中に確認のため、再びこちらから電話をすると、「県委員会に行っている」との留守番の女性の声の事情説明で、夕刻には戻ると言うから、また夕刻に電話すると、本人がすぐ電話口に出て、困った口調で、「地区委員会はまったく知らないことだったことなので、それは理解してほしい」と言った。

 冒頭には「鶴ヶ島市の日本共産党組織」と記したが、この組織名はまだ確定できない。鶴ヶ島市の日本共産党員は、それぞれ地域支部や経営支部に所属しているのだろうが、鶴ヶ島市の「地区委員会」というのは存在しない。しかし、「共産党の議員団」は存在し、3人の日本共産党員の市議会議員がいる。これは一応の組織である。

「1月 28日 」の通信には、「引間さんに党から詰問の電話」とあった。この「党」は、その後、「和田が10頁の報告書を提出」などの発言もあったし、事務局長もその後に、「党中央」と書いてきたので、「中央委員会」と判断するが、私自身が自分の問題で渡り合ったこともある中央委員会の訴願委員会は、「文書で出せ」などと言い、相変わらず官僚的なので、「公開質問状を発表する」と通告した。

 別途、再び中央委員会に電話を掛けると、一応話を聞く係りの「国民の声」は、最初は事情説明を素直に聞いたものの、2度目の確認には、「貴方とは話しません」、ガチャン、と受話器を置いた。以後、放置している。

 私は、とりあえず、以上を発表するが、「刑事事件」と位置付けての「捜査」は続行する。以上略述したような経過から、今後、有効な捜査を進める上での「仮説」を立てるべきであろう。

 引間博愛が事務局長に対して、「木村さんはどうだろう。例の本を読んでいる。話を聞いてみたい。名前は知られていないけど面白いのでは」と語ったのが、非常に重要な契機になっているが、この「例の本を読んでいる」という読み方の程度が、まず問題である。

 実は、引間博愛と一緒に、「東京革新懇」と称する日本共産党系の組織に参加している政治経済学者、畑田重夫さんと、私は、上記の「事件」前後に2度、電話で直接話した。

 畑田さんは、一昨年の911事件以来、この「東京革新懇」の席上で何度も、911事件はアメリカのCIA謀略の可能性有り、という主旨の話をしたと私に語っている。引間博愛は、本をまともには読まずに、「読んでいる」と言ったようである。

 だから、後で慌てるのである。時系列で見ると、昨年の12月16日に「招聘」が決まってから、今年の1月14日に「急遽プログラムが変更」となるまでの間は、手帳を繰って確認すると、25日ある。年末年始をはさむこの25日間に、私を「反党分子」と規定する情報が、どこからかは不明だが、現地の日本共産党組織に入った可能性が高い。

私は、武蔵野市で、日本共産党の武蔵野三鷹地区委員会から「除籍」を通告されている。鶴ヶ島市での講演の予定のチラシは、他でもかなりの数を配布したが、私が執行委員でもあり、日頃から会議で「911事件」や「イラク攻撃」問題の重要性を指摘し続けているので、日本共産党員が主流の全日本年金者組合の武蔵野三鷹支部の組合員にも配布した。

そこから、どこぞの日本共産党組織に「反党分子」との通報が届いた可能性もある。

 少なくとも、昨年末、12月14日の上記武蔵野三鷹支部の忘年会の席上、元・日本共産党武蔵野市議団長の栗原信之が、私が、わが電網宝庫に「(彼の)悪口を書いている」との主旨の発言をした。

 つまり、栗原もしくはその周辺は、わが電網宝庫を見ているのである。

 さて、これ以上は、まだ確定できないが、上記の25日間に、なにが起きたのかを、推測してみる。私は、元・日本共産党員であるだけでなく、かなりの数の日本共産党の組織の重要な部署にいたことがある。だから、こういう事態に直面した日本共産党の組織と個人が、いかなる動きをするのかについては、生々しい実体験に基づく知識を蓄えている。

 少なくとも、1月25日には、かなりの怪しい動きが表面化し始めたのである。

 その前に、14日、「有名シンガー」のふれこみの「たかはしべん」の「無料」出演が決まっていた。

 私は、年末年始の25日間に、私を「反党分子」とする警告が現地に届き、慌てた日本共産党の実行委員たちは、鳩首会談の末、まずは「たかはしべん」のスケジュールを押さえたと推測する。無知で不慣れな事務局長に電話をして、「無料」と喜ばせ、プログラムを変更させたのであろう。

 こうして置けば、もしも私が策謀に気付いて、「失礼な!」と怒り、講演を断ったとしても、参加者には「講師の都合」などと言い訳して、「平和を歌う」と既出の「豊田ビデオ」の30分に、「代表」や「事務局長」の問題提起などを加えて議論すれば、「お茶が濁せる」のである。私が気付かなければ、締め子の兎となる。

 そういう準備をした上で、「講師は反党分子」云々と語れば、一番最初に私を知って私の911事件の本を売った事務局長だけが悪者になり、実行委員会で本も読まずに推薦した引間博愛も実行委員の市議会議員も、以後は素知らぬ顔を決め込むことができたであろう。

 しかし、私は66歳、いわば歴戦の闘士である。そうは問屋が卸さなかったのである。

 以上の経過に鑑み、911事件関係で、今後は、質疑含め3時間半以下の講演は引き受けぬ「変人」宣言を発することにした。当然、911関連でも、日本共産党批判は、まったく遠慮しないし、むしろ、強化することも、ここに宣言する。

  何度も言うようだが、ここでも、さすが元世界帝国の主、イギリスの格言を改めて繰り返す。

「偽の友は公然の敵よりも悪い」

「公然の敵は偽の友よりも良い」

 今回の経過で、私は、ひるむどころか、逆に勇気凛々、すでに公表中の「カール・マルクス徹底批判序説」をも含めて、この「偽の友」の系譜への総合的な論評を急ぐ決意の一助とした。呵々大笑。

 以上。


木村愛二の生活と意見 / 2003年2月分に戻る

雑誌『憎まれ愚痴』2月号に戻る

WEB雑誌『憎まれ愚痴』に戻る

バックナンバー

バックナンバー目次一覧

連載記事一括

各号の時事論評&投稿一括


憎まれ愚痴
雑誌憎まれ愚痴
木村書店
亜空間通信
亜空間放送局